オレ速!B級ツアー

スキーやキャンプやお出かけなど楽しい事いろいろ。 秋田を中心に子供行く、微妙に面白いスポット巡り。 出来る親子を目指して、いろいろとB級なスポットに全力で向かってます! ニッチなネタを集めながら楽しくマニアックな週末ツアー。

カテゴリ: お出かけネタ【内容別】

いよいよ冬に向けて始動開始!
シーズン券も買ったから、なるべくいっぱい行きたい。

基本的には週末は滑りに行くだろうから、毎週土日のうちどちらかを行くだけでもそれなりに行けるけど、毎年土日とも行く機会も多いし、旅行と組み合わせてがっつり滑ったりもしてる。

今年、シーズン券を買った阿仁のオープン予定は12/12。夏油とか安比とかは11/28オープン予定。
でも、ここ数年は雪の降り始めが遅いので、なかなか予定通りにオープン出来ていないけど、今年はどうだろう・・・

状況を見ながら・・・って事になるけど、コロナの状況から考えると、オープンの速さはともかくできれば県内で滑ってるのが望ましいよね・・・
基本的には安比とか夏油とか行きたいけど、まあ、今年は阿仁が早くオープンすればいいなぁ。

で、どういう感じの計画にするか?って事になると、今年は夏前にコロナ支援で県で出したプレミアム宿泊券もまだ使いきれずいっぱい残してる。
さすがに、これはお金を出した訳だし、残すと勿体ないので、今年の年末年始の休暇は2回スキー旅行を計画しておきたい。

更に、岩手の宿の補助に使えるおでんせ岩手券も当たったし、去年のスタンプラリーで当たった宿泊券もあるし、いろいろと有効に使ってスキー旅行したいな・・・・

という事で、いろいろ計画立てるために、行きたいお宿をあちこち予約。
とりあえず、阿仁・たざわ湖、雫石エリア、八幡平エリア、夏油を軸に、どうするか一発目の計画立てて、子供にチョイスしてもらおうっと。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

自宅からのウォーキングだと、大体同じエリアになっちゃうので、こないだ家から新国道経由で土崎方面を目指して歩いてみたんだけど、途中で別方向に行っちゃったので、微妙に不完全燃焼。

って事で、今日は初めから土崎目指してみます。
一応、去年?新しく出来てから行ったことのない秋田市土崎みなと歴史伝承館を目的地に。

こういう目的地があってのウォーキングは良いね。

片道1時間ちょいで到着~
最近、片道1時間は歩きたいので苦ではないけど、子供にはすっかり呆れられてきてる感じ。
030
ともかくこちらは初めてです。

土崎空襲の際の遺構を移設して展示しているので、それを見てみたくて。
040
日石の製油所にあった倉庫がつい最近まで被ばく倉庫としてそのままの場所にあって、利用されてたんだけど、壊すにあたり、ぜひ遺構として残しておくべき。ってことでこちらに部分移設して展示。
039
一度見ておきたかったので、いい機会でした。

041
このほかに、マンホールカードも配布してたので、思わずもらっちゃいました!

これでマンホールカードも2か所目。

あ。そういえば最近全然ダムカードも集めて無いなぁ。



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

お昼についつい食べ過ぎたので、今日もウォーキングを。
って事で、今日は今まで行った時の無い場所に。

県内の観光スポットってかなりの割合で網羅しているんだけど、市内でも行ったことのない場所がある。

今までも何度も行こうと思ってたけど、一応お金がかかる施設なので、なんとなくで行くのは気が引けてて、結局行かないままだった場所。
赤レンガ郷土館と秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)。

今日はイベントで両施設とも無料!
なので、この機会に一度行って見ることに。

どっちから行くか悩んだ末、まずは赤レンガ郷土館かな。
001

011
旧秋田銀行本店という事で、貴賓室や頭取室とか、なかなか格調高い感じの部屋や、重厚な金庫などがあったりと、なかなか面白い。

このほかに隣接の勝平得之記念館も見て、次はねぶり流し館に向かいます。
017

ただ、出かける時間が遅かったのと、今日のイベントに重なってしまった様で、ねぶり流し館隣の旧金子家住宅はいつもより早い入館終了のタイミングになってしまったので見られなかった・・・

って事はまたいつか来ないとダメだな。

それはそうとみられる場所だけはこなしておこう。
018
って事で、館内を一通り観覧。

025
赤レンガ郷土館よりこっちに先に来るんだった・・・・

まあ、とりあえず今日はこんな感じでウォーキングも終了。

秋田の観光ガイドで行った所に印をつけてるんだけど、そろそろネタが尽きてきたなぁ・・・

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近、休みの日は基本的にウォーキング。
でも、家を基準にしてしまうと範囲が限られちゃうので、たまには自然の中を歩きたいなぁ。

って事でAMは家を起点にウォーキングを2時間実施した後に、岨谷峡・伏伸の滝散策に行って見ることに。その後は亀田不動滝を見に行くつもり。

本当は朝から向かって、岨谷峡入口に車を止めて、そこから岨谷峡散策して、鵜養集落を通って伏伸の滝散策がいいかな。って思ったけど、それなりに距離があるのと、昨晩結構な雨だったので、岨谷峡とか伏伸の滝も濁ってたりすれば行く意味ないしなぁ・・・って思うところもあって。

最近滝を見たい欲求が高いので、久々に法体の滝も見たいなぁ。って思ってるんだけど、ちょっと遠いので、今日は岨谷峡・伏伸の滝と、亀田不動滝を目指します。

とりあえず途中の岩見エリアで川を見たら濁ってないので大丈夫そうだな。って事でそのまま向かう事に。

岨谷峡の遊歩道入口まで来たら、通行止め看板が・・・
なので、伏伸の滝にそのまま向かう。

鵜養園地の駐車場に止めて、散策開始。
殿渕をみて・・・
011

伏伸の滝を見て・・・・
012

舟作を見て・・・
018

いい天気で、いい景色を見て、日々のストレスなどを浄化・・・
019
伏伸の滝に来るのは久々だけど、水も綺麗だし、気軽に散策できるし。
本当は、今年まだキャンプしてないので、出来る事なら鵜養園地でキャンプしながら1日のんびり散策+水遊びなんかしてたいなぁ・・・

一通り散策した後、帰りながら再度岨谷峡入口。
今度はちゃんと車を停めて、遊歩道入口を見たら、通行止め看板の脇が開いてて、入れるみたい。

なので、遊歩道に行って見ます。
022
しかし水も綺麗だなぁ。
ここはなかなか水に近づけるポイントが無いから、やっぱり伏伸の滝エリアの方がいいな。
こっちも景色は良いんだけどね。

一通り散策したあと、野生生物の大きなフンが遊歩道にあるのを見つけて・・・ちょっと熊への恐怖が。。。

なので早めに撤収~

車に戻って次は亀田不動滝を目指して移動開始。
亀田不動滝って、今いるエリアからだと雄和経由高尾山越で岩城の亀田方面に向かうみたい。

高尾山も久々だなぁ。前はよくMTBで高尾山に登るチャレンジをしてたんだけど、久々にその道の国道341号線に入ったら・・・
「あれ、こんな酷い山道だっけ?」って感じ。
1車線で離合も出来ないグニャグニャ登りがひたすら・・・・
だんだん運転してて気持ち悪くなってきた。

これは今日はやめとこう。
少し路肩に入れる場所でUターンして戻る事にして、今日は亀田不動滝はやめよう。

という事で、今日は散策はここまででした。

家に帰ってから再度亀田不動滝のアクセス見たけど、これは雄和エリアじゃなく、岩城エリアから向かった方がまだましっぽいので、次回はそうしましょ。

ま、次回の楽しみを残した。って事で。



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

毎週毎週、「森吉山に行きたい。ゴンドラ乗って山登りしたい!」って子供にアピールしているのに、イマイチ乗ってくれない。
せっかく8月いっぱいまでゴンドラが無料なので、あとチャンスは残り僅か。
しかも山登りだし天気にも左右されるし。

一人で行けば済むんだけど、そういう事ではなく、いろいろな事を今のうちに体験させておきたい。って訳なので、結局無料期間中に行けないかな・・・

で、今日はそもそも部活で練習試合なので何ともならないけど、AMで終わりなので、PMはなんか遊びに連れていきたい。

前々から、今年は暑いからまたきれいな川で川遊びをしたい。って言われてたので、今日は練習試合後そのまま岩見方面へ。

002
いつもの場所で川遊び。
昨晩、多少雨が降ったので、いつもよりは若干水の量も多いけど、まあ危なくないレベルだったので。

009
めっちゃ気持ちいい。
とりあえず2時間ほど遊んで満足していただけたようなので終了~

で、今日はこの後数年ぶりにボウリングに。
こないだ子供が友達とボウリング行って、久々にやったらまたボウリングが楽しくなったらしく・・・

俺はあれだけ行ってたのに、しばらく間空けたらさっぱり行かなくなったので、2年?以上ぶりかな。

ラウンドワンもかなり変わったよ!って教えられてたけど、本当にかなり変わっててびっくり。
019
久々だけど、とりあえず1G目は何となくそれなりにいいスコア。
でも、その後は思ったように曲がらないし、なんだかやっぱり難しいなぁ・・・

あれだけやってたのにね。

でも、やっぱやってると楽しくて、ついつい・・
023
久々なのに13Gまでやっちゃいました。
もちろんスコアは微妙だったんだけどね。

あーやっぱり体を使う遊びは楽しいなぁ。
また、しばらくしたらちゃんとボールとかも新しいの準備して、ボウリングに来るようにしようかな。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ